BIGIN AGAIN

臨床心理士です。日々のカウンセリングや日常で気づいたことを綴っています。

ずっとまどろんでいたい朝

布団から顔を出すと、空気がしんしんほおに伝わってくる。

寒いな~  

毛布のほかほかした体温で あったまった温もりの中で

ずっとずっとまどろんでいたい。包まれていたい。

 

こんなぬくもりあったっけ?暖房とはまた違うぬくもりの中に包まれて 夢なのか現実なのかまた、まどろむ。

 

今日会う人たちの顔を思い浮かべる。

 

深く深くまた布団の中に沈みこむ。

 

一度布団から顔出して冷めた体に ぬくもりは私の真ん中にどんどんやってきて私に力を与えてくえれる。今日一日あなたは大丈夫だよと安心を与えてくれる。

 

そのうち安心は私の身体全体に広がって、起きようかな?今日一日頑張ろうかなと思えてくるんだ。

 

f:id:mayu115mayu105:20171223063441j:plain

発達障害と遅刻

こちらで記事更新しています。

よかったら見てください。

 

utatanenikki.com

広告を非表示にする

メリークリスマスがやってくる(ツリー編)

街で見つけたメリークリスマス

 

f:id:mayu115mayu105:20171214105950j:plain

 

私の心はどきどきわくわく

街並み歩いてはぶつかるクリスマスの予感に心ときめく

 

f:id:mayu115mayu105:20171214110104j:plain

 みんなが見つけて足を止める

 

大きな大きなクリスマスツリーを見上げ

みんなでシャッター

寒さの中でちょっぴり寂しくなった

私の心を照らしてくれる

 

f:id:mayu115mayu105:20171215153137j:plain

 

ツリーの色が時間の訪れとともに変わっていく

f:id:mayu115mayu105:20171215151234j:plain

f:id:mayu115mayu105:20171215152020j:plain

 

きれいなクリスマス色のデコレーションに

笑顔が集まる

 

 

 

 

 もうすぐもうすぐメリークリスマスがやってくる

f:id:mayu115mayu105:20171215151851j:plain

 

 

 

私の心はみんなと一緒

これからやってくるクリスマスを指折り数えて待っている

あたたかさに包まれたなら

こんばんわ。お久しぶりです。こちらでもブログ記事を更新しています。お時間のある方は訪問してくださるとうれしいです。

 

utatanenikki.com

 

恐怖の根っこ

遠い昔にさまよった迷子の感情たちがあふれだす

ゆらゆらゆれる
きしきしきしむ
つんつん突き刺さる
正体不明の感情の中で

絶望、不信がやってくる

ざわめきの真ん中で私は解決法がわからなくて、何度も同じ後悔をたどるだけ

それを繰り返し繰り返し

ぐるぐるばんばん

吐き出していく

恐怖がやってきてちぢこまりそうになるけれど


それ以上に私は場所と人の安心感にすっぽり包まれながら


勇気を出して進むんだ

揺れるけどね

そばに人のぬくもりがあるから安心なんだ

恐怖 恐怖 恐怖の海をぷかぷか泳いでいく

そうしたら

恐怖の根っこに行きついて大きな大きな安心が待っていた

地下に眠っていた記憶を掘り起こしても大丈夫な安全が待っていた

 

f:id:mayu115mayu105:20171128041247j:plain

広告を非表示にする

カウンセリングの治療枠の大切さ

カウンセリングには枠があります。
どんな枠かと言うと、
①時間
②料金
③場所
④同じ人が話を聞く

という契約のようなものです。


具体的に言えば、カウンセリングルームという守秘義務の守られる安心できる場所で、決められた時間(大体1回50分から1時間程度です)、それから決まった料金、そしていつものカウンセラーが話を聴くということです。こういう意味でカウンセリングは一般的な悩み相談とは違います。

少し前は、カウンセラーだからなんでも相談聞いてくれるじゃないかな?というムードがあり、こういう治療枠の説明をすると怒られる方もいました。最近は、こういう契約の大事さを疑問に思う人少なくなりましたね。有難いです。

この「枠」は相談者を守るためにとても大切なものなのです。カウンセリングの中で話したいことは心の深い深いところのものでしょ。

みなさん堺雅人主演の「DR,倫太郎」覚えていらっしゃいますか?

あの中で相談者をドクターが自宅に連れてきたり、ハグしたりすることがありましたがそういうことはありえないことなんです。もし、相談者さんからの恋愛感情が起きたとき、相談者さんに恋愛感情が起きた時は、相談者さんをできるだけ傷つけないように治療者を交代する方法をとります。恋愛って非常に個人的で独占愛に満ちやすいものでとてもニュートラルな治療にはなりえないからです。これもひとつの治療の枠です。
だからと言って、堺雅人さんは嫌いではありません。どちらかというと「リーガルハイ」も見てましたし、「半沢直樹」も「真田丸」も見てましたし,正直に言うとファンです。あと、松坂桃季も西島秀俊も・・・

失礼しました。話を戻します。
カウンセリングは自分のの内面を自由に表現できる場ですね。いいものも悪いと思っているものも、怒りも悲しみも、表現しにくいものも表現できることが大事です。
できるカウンセラーならそれを相談者に安全だとはっきり感じさせることができるのです。
私もそうありたいといつも強く願っています。

具体的な枠を想像してみてください。お風呂みたいなものでもいいです。その中にすっぽり入った自分を想像してみてください。取り決めがあるから少し窮屈かもしれませんが安心感がありませんか?安全な感じがしませんか?あと、カウンセリングにのぞむという覚悟もできませんか?こちらカウンセラー側もできるのです。
相談者が安心感、安全感を感じながらカウンセラーとともに目標に向かって一緒に進めるようになるため大切なものが枠なんです。

ただ、私がいつも悩むのは相談料金の問題です。カウンセリング料金は一回4千円から、1万3千円くらいまでかかるんです。これも大事な治療枠なんですけどね。これだけの料金払うの大変な相談者さんもおられます。保険のきく治療機関もいっぱいになって利用できなくなってきました。無料の相談機関も電話相談などつながりにくくなってきました。いのちの電話厚生労働省の「こころの耳」電話相談もつながりにくいと聞きます。
精神的な悩みを抱えているために正社員にもなれない方もたくさんいます。だから、一生懸命無料相談機関も探します。

ただ、トラウマ療法などになると高くても有料のほうが多くて、治療効果が早く出て、経済的効率も時間的効率もかえっていいと思います。

 

TVドラマ Dr.倫太郎 DVD-BOX

TVドラマ Dr.倫太郎 DVD-BOX