BIGIN AGAIN

臨床心理士です。日々のカウンセリングや日常で気づいたことを綴っています。

上を向いて歩こう  熊本地震被災地支援

東日本大震災のあと、落ち込んでいる日本を応援しようと作られた歌です。

今の被災地の皆さんに合うかな??ととりあげてみました。

多くの芸能人がリレー式に歌っています。

www.youtube.com

九州地方の地震はまだおさまりません。地震は現在まで800回以上となり依然として活発な地震活動は続いています。死者48名、関連死の疑い11名、避難者は8万にをこえ、エコノミー症候群で亡くなられる方も増えています。また、熊本県では本庁舎が倒壊の危険から使用できない市や町が5つに上るそうです。そのため行政者支援が滞っているところもあります。一方マンパワーがかなり不足しているということですが、昨日からボランティアの受け入れも開始されました。

 

被災地の状況を知りたくて、また支援のための情報を集めたくて訪問させていただいているブログをご紹介します。

 

熊本でご自身も被災者でボランティアをやっておられる方のブログ

たくましいですね。

mamma-bino.hatenablog.jp

 

熊本の周辺地域にお住まいの方のリアルな状態がわかるブログ

masa-ryu16.hatenablog.com

 

熊本・大分に親戚、友人、知人がおられて心悩まされている方々

 

k622.hatenablog.com

 

beebee0308.hatenadiary.com

  

地震災害支援について情報をくださっているブログ

xxyomogixx.hatenablog.com

 ふなしさんはネット上の情報を随時あげてくれます。

funashima.hatenadiary.jp

 かなり詳細な情報を教えてくれるsayuriceさん

sayurice.hatenadiary.com

 最初の地震阿蘇山の噴火との関連を心配されていたらくからちゃさん

www.yutorism.jp

 

 

被災者の方が陥るかもしれない躁状態に対する一視点について

これは、考えるべきところかもしれません。

old270001.

 

地震によって被災者の方々の暮らしは大きく変わりました。住むところをどうするか、雨等による二次被害をどうするか、精神的な被害を受けている方ももちろんおられるでしょう。問題は山積みです。被災された方でなくても親戚や知人が被災地域におられて、心を痛めている方も多いです。。被害に直接遭わなくても心を痛めておられる方も多いです。

 

5年前の3.11そして今回の熊本地震被災にあった方々には大変な毎日、支援する側も苦しくなってしまいそうな日々がやってきました。あまり、根をつめて考えると自分自身がまいってきます。今自分の手元にある平穏さ、そして楽しみを大事にして支援に関わっていくことが大事なのかなと思うこの頃です。継続できることが一番大切だと思います。

 

被災地の方はもちろんですが、周りで被災者を心配されている方々も情報の共有とともに不安やいらいら、ストレスなどの感情の共有も大切だと思います。

 

また、被災地の方ではなくても、ご自分はメンタルに弱いなと感じている方は、ご自分を守るため情報にあまり触れないことも大事でしょう。

 

被災者の日常も私たちの日常も続きます。