Begin Again

臨床心理士です。気の向くまま、思いつくまま綴っています。

「ちはやふる 上の句」やっと観てきました!

ちはやふる 上の句』やっと観てきました!もう「上の句」は終わりそうだったからあわてて。すでに一日一回の上映しかなくて、観客は5人しかいませんでした。(笑)

  

f:id:mayu115mayu105:20160526051724p:plain

 

どんなstoryかご存知ない方はこんな感じ。

あらすじ

 競技かるたに打ち込む高校生たちの青春を描き、コミックス既刊29巻で累計発行部数1400万部を突破する末次由紀による大人気コミック「ちはやふる」を、広瀬すず主演で実写映画化した2部作の前編。

 

同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。

 

かるたの部員5人のキャラがそれぞれよく描かれていて感情移入できて、みんながひたむきで繊細,さわやか。5人の絆、仲間意識が次第にできていくところにうるうるして泣いちゃいました。主人公広瀬すずもどこか抜けていておバカだけれど可愛くてきれい。広瀬すずを見ていると一生懸命さがいつも伝わってきます。

千早(広瀬すず)を幼いころから思っている太一君の心の動きがせつない。知り合いの子によく似ていて応援したくなりました。高校生ってこんな感じだよなあと思いださせてくれます。競技かるたというスポ根もののがハイスピードで撮られていて見るものをひきつけます。迫力あります。

 
ひたむきで爽やかでキュンとくる青春映画。「下の句」も観に行かなくては!「スノウホワイト/氷の王国」もあるから、忙しいです。