BIGIN AGAIN

臨床心理士です。日々のカウンセリングや日常で気づいたことを綴っています。

7月30日 ハラスメントに遭った人はケアを受けてください。

メモみたいにこちらのブログ利用しています。好きなこと書いています。

 

暑いです。梅雨が明けたと思ったら暑いです。それなのに、土曜日なのに、私は学会でした。ここだけの話、大学の先生の話わかりにくかった...多分内容ではなくて話し方?10分真面目に聞いていたら眠くなって「どんどんあなたは眠くなる...」

多分催眠をやってる先生だから集団催眠を参加者にかけたのではないかと思います。隣の女性も寝ていました。

 

でも、ポイントポイントで得るものはあったのでもう一つのブログには真面目に書こうかな?と思っています。無理かもしれません。真面目に書くといろいろな立場のえらい先生がうるさいので、だから、ここで書いている感じです。私えらくないし。

 

今日学会でハラスメントの問題を扱っていたんですが、セクハラとかパワハラとかにあった人のこと、案件としては処理されるところは増えてきているのですが、そのショックとかのためにケアが本当は必要なのですがなかなか理解されません。はがゆい。特に男子がはがゆい。女子はカウンセリングの必要性を説明すればはらはらと泣いて、頼ってくれます。でも、男子は、日本男子は、強く生きなくちゃあいけないと育てられたからでしょうか。たくましい男性カウンセラーがいいのかなあと思ってそちらを紹介してみるのだけど、そういうわけでもないみたい。みんなまだまだ辛いときはカウンセリングを受けてみようという発想がないようです。お願いだから受けてみてください。

3人ぐらい回らないと合うカウンセラー、できるカウンセラーみつからないと思いますが。ということを考えると公的機関が今のところ一番安全です。無料だし、ある程度優秀な人がカウンセリングしていますから。最近は混んできたかな?臨床心理士ばかりでなく、心理カウンセラーも優秀な人います。合わないなと思う人はやめてくださいね。

とにかく今日言いたいのはハラスメントに遭った人はトラウマにならないようにカウンセリングを受けてください。そして、それだけ辛い目に遭ったんだから、誰かを頼っていいんだよと言いたい。「男はだまって我慢する」ことをしなくていいから。男性としてのプライドもよくわかるんですけどね。

私なんかトラウマの予兆がしただけで、カウンセリングに頼ります。助かっています。自分が他人にカウンセリングできても自分自身のカウンセリングはできません。

 

といつも思っていること語っていたら、最初一番書きたかったことを忘れていました。

 

今日学会に行った場所の近くでスヌーピーの博物館見かけました。

f:id:mayu115mayu105:20160730152612j:plain

可愛いでしょう。今度ゆっくり見に行きたい!

それから、博物館の方へ。草むしりしてください。雑草じゃなかったのかなあ~?

 

www.snoopymuseum.tokyo